「結婚祝いのお金がない」と悩んでいる人の為の3つの解決方法

「結婚祝いのお金がない」と悩んでいる人の為の3つの解決方法

高校を卒業、そして、大学も卒業するころには20歳を過ぎていることもあって、周りの友達も結婚するということが増える時期でもあります。
さらに入社してからは、会社の仲間からの結婚式の出席に関してお願いを受けるといったようなことも増えてくることかと思われます。
友達や会社の仲間が結婚するということは喜ばしいことであり、またおめでたいことでもあります。
ですが、その時はすぐに参加を快諾したとしても、その後少し沈んだような気持ちになるかもしれません。
そのような状態になる理由としては、式に参加するからにはどうしても多くのお金が必要になるからであると言えます。
ここでは、そのようなことを解決するためにはどうすればよいのか?といったことについてお話していきたいと思います。
まず、世間一般では、結婚のお祝いやご祝儀の金額は3万円が多いとされています。
それは、1万だと少ない印象があり、2万円は割り切れる金額であるため、敬遠されることから3万円となっているようであります。
ですが、この3万円という金額は安いとは言えないでしょう。
とりわけ若い世代である方にとっては、かなりの金額であることでしょう。
それが1年に1回であればそれほどでもないかもしれませんが、それが2回以上というようになってしまった際は、非常に苦しくなるかと思われます。
折角誘ってくれた友達には悪い気がしますが、お金のことを思うと気持ちが沈んでしまうものです。
万が一この3万円を差し出すのがきついと言った場合は、どのようにすればよいかといった点について、これからお話したいと思います。ここでは全部で3つの対策について御紹介致します。
まず1つ目は、結婚式自体をお断りするといったことです。
参加をお断りする正当な理由としては、それほど関係の深くない友人の式である、または御祝儀のお金のことで関係を悪化させたくないといったことがあるかと思われます。
これらいずれか1つでも該当するようであれば、無理に参加することもないでしょう。

その代わり他の日に食事を一緒にして、その際あなたがその食事代を全額負担するといったようなことでも良いかと思われます。
2つ目は、御祝儀を渡せない旨を前もって本人に話しておくことも推奨できます。
“自分が小さい時から付き合いのある友人であるため、何が何でも式には参加しておきたいが、お金だけは用意出来ない”といったことがあるかもしれません。
そういったケースでは前もって結婚式を挙げる本人に、その旨について話してみることも決して悪くないと思います。
そして、このようなことを正直に伝え、そのことを了解した上で本人が参加を望まれているのであれば、あなたも晴れやかな気分で参加出来ることかと思われます。
当然ながら、お金に心配する必要がなくなった際には、お詫びの意味も込めて、別のお祝い事があった際に渡す金額を増やすといったことや、高いお店での食事をおごってあげるといったようなことをするのも良いかもしれません。
3つ目は、誰かからお金を借りることによって必要なお金を準備するといったことです。
何が何でも式に参加を希望したいのに、お金によって結婚式そのものを後味の悪いものにするのはちょっと気が引けてしまうと考えているならば、これがベストと言える方法でしょう。
実際にお金を貸してもらう人としては、御家族の方、友達もしくは会社の部長といった方々が良いかと思われます。
そしてこのような親族や他人から借りるのに抵抗があるといった場合には、消費者金融等からお金を借りるというのも1つの手です。
現在の消費者金融等のキャッシングサービスは、利用が初めてという方に向けて利息が発生することなしにキャッシング可能な会社というところもありますから、しっかり返済を行なっていくことによって、あなたにとって利便性高いサービスとなるでしょう。
これまでのことをまとめると、まず、御祝儀の常識的な金額としては3万円となっており、もしお金に苦しみそうであれば、無理に参加はしないこと、またお金は無いが、何が何でも式に参加したいのであれば、前もって友達に話しておくことも大事と言えます。
あなた1人で悩み続けるよりも、正直にそのことを打ち明けることによって、友人もそこまで考えてくれているということで、喜んでもらえるといった可能性もなくはないでしょう。
これとは別に自分だけで何とかしたい場合、もしくは友達に同情されることを避けたいといった方はキャッシングをするといった手も非常に有効な手段ですから、是非覚えておいて下さい。